So-net無料ブログ作成
検索選択

<東海道新幹線>新横浜−小田原間で30分間運転見合わせ(毎日新聞)

 31日午前6時ごろ、東海道新幹線の新横浜−小田原間で信号系統にトラブルがあり、同区間の上下で約30分間運転を見合わせた。午前7時16分に通常運転を再開したが、上下14本が最大で76分遅れ、約3800人に影響が出た。

 JR東海によると、下り始発「ひかり493号」が午前6時に新横浜を出た直後、前方に列車がないのに信号機が停止信号を示したという。神奈川県平塚市の平塚変電所内の電源装置に異常があったといい、同社で詳しい原因を調べている。

 東海道新幹線では29日に品川−小田原間で下りの架線が切れ、約3時間半にわたって停電するトラブルがあったばかりだが、関連は不明という。

【関連ニュース
東海道新幹線:架線切れ3時間20分不通…影響15万人
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
東海道新幹線:雪で147本が遅れ
ボンネット型車両:昭和の特急の顔、3月で姿消す
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅

モンスターペアレント対策で手引書 都教委 7万部、全教員に配布へ(産経新聞)
<東海道新幹線>新横浜−小田原間で30分間運転見合わせ(毎日新聞)
<参院予算委>鳩山首相「戦って発言、撤回せぬ」(毎日新聞)
<玉みそ>寒風に揺れる「すだれ」…岐阜・関(毎日新聞)
【中医協】NICUの退院調整加算など新設(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。