So-net無料ブログ作成
検索選択

<神経回路>再生、妨げる仕組み解明(毎日新聞)

 脳卒中や脊髄(せきずい)損傷などで一度切れた神経回路の再生が妨げられる仕組みを理化学研究所のチームが解明した。切れた神経の周辺に「再生阻害因子」となる化学物質が増え、神経細胞に本来備わっている復元力が損なわれるという。米科学誌「ニューロン」に発表した。

 神経細胞は通常、損傷を受けると、成長時のように突起を伸ばして回路を作ろうとする。理研脳科学総合研究センターの上口(かみぐち)裕之リーダー(神経科学)らは、ニワトリの脊髄の神経突起を、独自に開発した装置で観察した。その結果、突起のそばに再生阻害因子があると、突起の細胞膜が自らの細胞内に次々と取り込まれ、突起を伸ばせなくなることが分かった。

 再生阻害因子は、神経細胞を取り巻いていた「さや」や、傷を治す働きをする細胞から出る。上口さんは「突起を正しい方向に誘導して神経回路を修復する技術の開発につなげたい」と話す。【山田大輔】

「ギャルの友達にも伝えます」=柳原可奈子さん振り込め撲滅訴え―警視庁(時事通信)
日本振興銀行 警視庁、銀行法違反容疑で本格捜査へ(毎日新聞)
<知人殺害>6年前の殺人で2容疑者逮捕 福岡(毎日新聞)
<南アW杯>いざ初戦!日本サポーターも集結(毎日新聞)
<参院選>勝敗ライン「現有議席54に」 首相が上方修正(毎日新聞)

「新生ファイザーで多角化を一段と強化」(医療介護CBニュース)

 ファイザー日本法人梅田一郎社長は6月1日、昨年10月の米国本社による米ワイス社の統合に伴う日本法人同士の統合が同日完了したことを受け、東京都内で記者会見を開き、「新生ファイザーがスタートする。多角化を一段と強化したヘルスケア企業として、ワクチンや生物学的製剤、低分子化合物など幅広い分野で多くの患者様のニーズにお応えできる会社になる」と述べた。

 新体制のファイザー日本法人の社員数は5850人(うちMR3040人)。ワイス日本法人からは786人(同408人)が加わったという。

 医薬品市場調査会社IMSジャパンの市場統計によると、ファイザーの昨年度の国内売上高は4714億円で3位だったが、ワイスの571億円を加えると5285億円となり、2位の第一三共(4900億円)を抜き、トップの武田薬品工業(5333億円)に50億円ほどの差に迫ることから、梅田社長は「1位を狙えるポジションに近づいてきている」と述べた。

 今後の戦略については、▽特許のある製品ポートフォリオの価値の最適化▽独占権消失後の製品の新たな機会の最大限の活用▽ワイス統合により増えたワクチンや抗体医薬などによる多角的なビジネスの育成-などを挙げた。

■リリカのポテンシャルの高さを実現
 原田明久・医薬開発部門上席執行役員は、4月16日付で承認を取得した帯状疱疹後神経痛治療薬リリカについて、現在、適応拡大に向け、末梢性の神経障害性疼痛で承認申請中であるほか、線維筋痛症や中枢性の神経障害性疼痛でも開発を進めているとし、「末梢性と中枢性の両方で承認が得られれば、両方を合わせてより広い神経障害性疼痛という形の適応症で当局にチャレンジし、リリカのポテンシャルの高さを日本で実現していきたい」と述べた。


【関連記事】
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件
帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー
ファイザー日本法人、2.6%の増収
世界製薬大手12社が増収
医薬情報担当者の増員を計画―ファイザー日本法人・梅田社長

「地域と小規模多機能の連携の強化を」(医療介護CBニュース)
郵政改革法案、派遣法改正案…成立微妙に(読売新聞)
菅内閣あす発足=蓮舫氏は行政刷新相―民主政調会長に玄葉氏、閣僚兼務(時事通信)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
<鳩山首相退陣>新首相「初仕事」は支持率回復 参院選結果、進退に直結(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。